HSSセルフチェックテスト

HSSセルフチェックのアイキャッチ画像

こんにちは!元うつでHSPの心理カウンセラーちえです。

今回のテーマは「HSSセルフチェックテスト」です。

前回、HSPには4つのタイプがありそれぞれの特徴を紹介しました。

詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

HSPの4分類のアイキャッチ画像

刺激追求型と言われるHSSのセルフチェックテストを紹介します。あなたにもHSSの気質があるかチェックしてみてくださいね。

HSSセルフチェック

最初に注意事項をお話します。

このテストは自分がHSSの傾向があるかどうかある程度傾向を把握することができますが、診断や断定するものではありません。あくまで参考的に考えてください。

今回のチェック項目はエレイン博士の日本語版ホームページ「The Highly Sensitive Person」から抜粋したものです。

以下の20項目に「はい」「いいえ」で答えてください。

回答は直感的で構いません。

少しでも当てはまる場合は「はい」と回答ください。

全く当てはまらない、あまり当てはまらない場合は「いいえ」と回答ください。

最後に「はい」の数を数えてください。

HSSチェックテスト項目
  • もし安全なら、未知の新しい体験ができる薬をやってみたい。
  • 会話によってはひどく退屈になる時がある。
  • 行ったことのある好きな場所にもう一度行くよりも、好きにならないかもしれないけれど知らない場所の方へ行ってみたい。
  • スキーやロッククライミング・サーフィンのようなスリルのあるスポーツをやってみたい。
  • 長い間家にいるとイライラする。
  • 何もせずにじっと待っているのは嫌い。
  • 同じ映画を二度見ることはめったにない。
  • あまりやったことのないことをするのが楽しい。
  • もしなにかめずらしいことを目にしたら、わざわざ寄り道をしてでも確かめに行く。
  • 毎日同じ人たちと一緒にいると飽きてしまう。
  • 君のやることは予測がつかないと友人たちに言われる。
  • 知らない場所を探検するのが好き。
  • 日課はもたないようにしている。
  • 強い体験を与えてくれるアートに惹きつけられる。
  • 気分を高揚させてくれる物質が好き。
  • 思いもつかないようなことをする友だちのほうが好きだ。
  • 新しい知らない場所へ行ってみたい。
  • もし旅行に行くお金があったら外国へ行きたい。
  • 探検家になってみたい。
  • 誰かが性的なジョークを飛ばしたり、性的なことを口にして、みんなが気まずそうに笑うような時でも、自分はそれを楽しいと感じる。

いかがでしたか?

結果

女性の場合は11個以上の項目で「はい」であれば、HSSの傾向が強いです。また「はい」が7個以下であれば、HSSの傾向が弱く、8~10個は中間、標準的です。

男性の場合は13個以上の項目で「はい」であれば、HSSの傾向が強いです。また「はい」が9個以下であれば、HSSの傾向が弱く、10~12個は中間、標準的です。

Youtubeでもお話しています

今回の内容をYoutubeでもお話しています。

(動画ではチェックテストの⑲を入れ忘れていたみたいです…すみません。)

少し笑いどころ…(?)も入れつつお話しておりますので、ご覧ください。

今回の内容は10:53~になります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今回はHSSのセルフチェックをご紹介しました。私も今回のセルフチェックをしてみて、11個以上「はい」だったので、HSS型のHSEだと分かりました。

今回のセルフチェックは診断を下すものではありませんが、自分のタイプが分かれば自分の心地よさを追求するうえで一つの手がかりとなりそうですね。

この他にもYoutubeでは、心が疲れたときの解決策や自分と上手く付き合っていく方法についてお話しています。

リアルタイムで見ていただけるのはYoutubeだけなので、良ければチャンネル登録お願いします。