HSPに向いている仕事 、適職とは?

HSPの適職のアイキャッチ画像

こんにちは!元うつでHSP(HSS型HSE)の心理カウンセラーちえです。

今回のテーマは「HSPに向いている仕事、適職」です。

仕事の費やしている時間を改めて考えてみてください。平日8時間勤務しているとしたら、単純計算で1日の3分の1が仕事の時間。この先30年仕事を続けるとしたら…そのうちの3分の1、丸々10年間は仕事をしている訳ですので自分の人生の上で結構大きなウエイトですよね。自分の時間をそれだけ費やしているのだから、楽しいと思えたりやりがいをもって働きたい!そう感じるのは当たり前のことです。

人一倍感受性が豊かで繊細、共感性が高く五感が鋭い特徴を持つHSPさん。そんなHSPさんだからこそ向いている仕事があります。自分の今の仕事に迷いがあったりこれから先のキャリアを考えたときにこのままでいいんだろうかと思っている方は最後までぜひご覧ください。

こんな悩みを持つあなたに読んで欲しい

ちえ

こんな悩みはありませんか?

ちえ

転職した方がいいのかなぁ

自分に合っている仕事が他にあるんじゃないかな

将来ずっと今の職場で続けていくんだろうか…

悩ミ

忙しいと考えるのすら面倒になっちゃうんですけど、ふとした時に私、このままでいいのかなって思うことあります。

以前の記事でHSPとは気質であるとお話しました。気質とは性質、特徴のことです。病気のように治るものではなくこれから先もずっと付き合っていくあなたの特徴の一つ。

だからこそ、HSPな特徴を隠したり無理をして心身ともに疲弊しながら働くのではなく、HSPな特徴を活かしてあなた自身が楽しいと思える仕事に取り組めた方が日々の生きづらさを大幅に軽減することができます。

ですので今回はHSPさんの特徴を踏まえて向いている仕事を紹介します。

HSPに向いている仕事5選

HSPさんに向いていると言われるのは以下の5つのカテゴリーの仕事です。

  • クリエイティブ職
  • 人と関わる仕事
  • 配送業
  • 動物や自然と関わる仕事
  • 研究職、専門職

なぜHSPさんに向いているとされるのか、HSPの中のどのタイプに向いているのかをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

クリエイティブ職

主な業種
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • アーティスト
  • 漫画家
  • WEBクリエイター
  • 作曲家
  • 企画職

クリエイティブ職はHSPさんの感受性が豊かで五感が鋭いという特徴を最大限活かすことができます。また、自分の感性やセンスを活かせる仕事なので細部まで拘ってストイックに突き詰めることができるのもHSPさんにとって心地よいでしょう。

業種や働き方にもよりますが、他の人と関わる機会が少なく他人からの刺激を受けすぎずに取り組むことができます。

ただ、自分の製作物や自分が発表した企画に対しての他者評価を気にしがちなところがあるので、アンチコメントやクレームなどがあると大きく落ち込んでしまいがちです。

HSPのタイプ別では、HSPやHSS型HSPが向いていますが、一つの仕事を長期的に追求して取り組む長期連載の漫画家や長期プロジェクトの企画職などはよりHSPに、単発の仕事や数か月スパンで新しいプロジェクトに切り替わっていくようなスタイルのWEBクリエイターなどは新しい刺激を好むHSS型のHSPに向いていると言えます。

人と関わる仕事

主な業種
  • カウンセラー
  • 教師
  • コンサルタント
  • 看護師
  • 整体師
  • 営業職
  • 保育士

人と関わる仕事はHSPさんの共感力の高さや小さな変化を感じて相手の快を提供できる特徴を生かせる仕事です。子どもや患者の些細な変化を感じ取り、先回りした対応をすることができます。また、相手の喜ぶ顔や笑顔にやりがいを感じる人も多いでしょう。

ただ、人と関わる機会が多いとその分他人から多く刺激を受け取ってしまうので、一人の時間を意識的に取って日常的に疲れを解放させる時間を取るようにしてください。

営業職では、ノルマがありすぎる場合はHSPさんに向いた仕事とは言えないでしょう。ノルマを達成しないといけない!という責任感を強く感じすぎてしまい、本来の実力が発揮できなかったりプレッシャーに押しつぶされてしまう可能性があります。

HSEやHSS型HSEが向いています。相手と1:1の関係性が強いカウンセラーや1人の患者に長期的に対応する入院病棟の看護師などはよりHSEが向いていると言えます。また、毎日たくさんの患者を相手にする外来クリニック型の整体師や飛び込みの営業職などは新しい刺激や経験を好むHSS型HSEの方が向いています。

配送業

主な業種
  • フードデリバリー
  • 宅急便
  • 郵便
  • 宅配○○

配送業がHSPさんに向いている理由は一人の時間を作りやすいことです。配送物の受け取りと配達先での引き渡しの時以外は基本的には一人での作業が多いですので他人から受ける刺激が他の業種と比べると少ないです。

ですが、マルチタスクが苦手なHSPさんは多数ある業務をどの順番で配達すればスムーズに終えることができるのかという流動的なスケジュールを組むのは苦手です。また、突発的な時間変更などがあると焦ってしまいがちです。

HSPやHSS型HSPが向いていますが、ルートの決まった配送などはどちらかというとHSPの方が向いていると言えます。また、毎回商品の受取先や配送先が変わるフードデリバリーなどはHSS型HSPの方が向いています。

動物や自然と関わる仕事

主な業種
  • トリマー
  • 獣医
  • 水族館の飼育員
  • 農家
  • 花屋
  • 庭師

次にHSPさん向いている職業はトリマーや農家など動物や自然と関わる仕事です。動物や自然は言葉でのコミュニケーションができませんが、HSPさんは感受性の強さから些細な変化に気づきやすいためそれらの仕事に向いていると言えます。

また、相手が動物や自然であるため職場での人間関係が少なく人から受ける刺激を減らすことができますし、自然に触れることはHSPさんにとってもリラックス効果が高いです。

ですが地方に移住して就農する場合、昔ながらの濃度の濃い近所付き合いなどはHSPさんにとって気疲れしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

4つのタイプの中ではHSPがより向いていると言えます。

研究職、専門職

主な業種
  • 学芸員
  • 司書
  • 絵画鑑定士
  • 大学教授
  • 研究者
  • 製造職

最後は博物館や図書館で働く学芸員や司書、大学教授や研究者などの研究職や専門職です。自分の興味のある分野を集中して追求するのが得意なHSPさんは鋭い五感を活かせるこれらの仕事に向いています。また、騒音が少ない職場であることもHSPさんにとっては刺激が少なく働きやすいでしょう。

4つのタイプの中ではHSPがより向いていると言えます。

フリーランスもHSP向きな働き方

職業とは少し違いますが、フリーランスや個人事業主という働き方もHSPさんに向いている働き方と言えます。フリーランスとは、企業に属さずに案件(プロジェクト)ごとに企業や個人から業務を請け負う働き方です。

定年までずっと同じ人間関係の中で仕事に取り組む一般企業のような長期的な人間関係が発生しないことや案件ごとに業務が分かれているので仕事量の調整もしやすく自分の時間を取りやすいことがHSPさんにとって大きなメリットだと言えます。

ですが、クレーム処理やトラブル対応も自分でする必要があります。(保険等で対応できる場合もあります。)そのようなネガティブな問題が起こったときに必要以上に感情的になり大きく落ち込んでしまったり、落ち込みが長期化してしまう危険性があります。

仕事選びもいいけど職場選びも重要!

ここまでタイプ別にHSPさんに向いている職業や働き方を紹介してきました。

そもそもHSPの特徴ってどんなだったっけ?そう感じられた方はこちらの記事も良ければご覧ください。

HSPって何?のアイコン画像
HSPの4分類のアイキャッチ画像

HSPは外部からのあらゆる刺激に反応的になってしまう特徴があります。言い換えると、仕事における外部からの刺激=職場環境からの影響を大きく受けてしまうということです。

上司の人柄や言動、職場の人間関係、職場の雰囲気、音や光などの環境、職場の場所や立地。それらもHSPさんの仕事のパフォーマンスやHSPさん自身の精神衛生に大きく影響を与えます。

やりがいを持てる仕事内容はもちろん大事ですが、それと同時に職場環境が自分に合ったものなのか考える必要があります。

仕事と職場環境という2つが揃ってこそHSPさんが持つ本来の実力を発揮することができるので、転職や就職、アルバイトなどを探す際は「何をするのか」「どんな仕事か」に合わせて「どんな人と一緒に働くのか」「職場の雰囲気はどうか」も是非考慮されてください。

Youtubeでもお話しています

今回の内容をYoutubeでもお話しています。

動画は、私のお伝えしたいことの微妙なニュアンスまで伝えることができるので個人的にはすごく好きです。

少し笑いどころ…(?)も入れつつお話しておりますので、ご覧ください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回、HSPに向いている仕事とより向いているタイプを合わせて紹介ました。

ですが同じHSPであっても持っている特徴の濃度には個人差があるのと同じで、適職にも個人差がありますので、今回の内容があなたが楽しい、やりがいがある!という仕事に出会うための一つのきっかけとなればうれしいです。

この他にもYoutubeではHSPさんのあるあるなトラブル解消法や自分のネガティブな一面と上手く付き合っていく方法についてお話しています。

リアルタイムで見ていただけるのはYoutubeだけなので、良ければチャンネル登録お願いします。